朝の散歩で太陽を受けて

自分の健康について考える歳になり、朝散歩を行うようになりました。

毎日、5000歩を目標に行っているのですが、夏場はやはり困ってしまいます。朝食の準備とうで4時や5時という時間帯では行うことができません。

また、その時間ではまだ体も思うようになりません。ですから、午前8時前後になってしまうことが、多くなってしまいます。

すると、どうしても太陽の光が気になってしまいます。もちろん帽子は被って散歩はするのですが、長袖を着るには暑すぎるので、半袖と短いズボンで出かけます。

その結果どうしても腕にシミが色濃く出てしまうのです。

 つい先日も、成人病の関係で医者に通院したのですが、「よく日に焼けているから、散歩は続けているようだね。」と言われて、喜んでいいのか苦笑いを心の中でしてしまいました。

年齢もあり、アルテイドのシミは仕方ないと思い舞うが、あまりに濃く浮き出ているシミはやはり困ってしまいます。

特に年齢を重ねるにつれて一度出来てしまったシミがなかなか消えることはありません。

冬をこえてもクッキリト残ってしまうシミには悩まされます。

散歩も夜に行えば少しは良いのかもしれませんが、街灯があるとはいってもやはり暗くなってからでは、怖さや事故等も考えてしまい行うことをためらってしまいます。

コメントは受け付けていません。